一般的な名刺のサイズ

visiting card factory

名刺の一般的なサイズについて

日本で使われている名刺の標準サイズは、55mm×91mmです。
「4号(大阪9号)」とも呼ばれています。
一般的な名刺入れや収納ファイルなどは、この大きさを基準に作られています。
作成する際は、持ち運びのしやすさや、渡した相手の利便性を考えれば、特に変わった大きさにしたいというこだわりがない限り、この寸法にしておけば間違いありません。
印刷所に作成を依頼する際も、自作のために紙を用意する場合も、最も手配しやすい大きさです。
この他、5号(61×100mm)、6号(70×116mm)、7号(76×121mm)などの大きいタイプや、3号(49×85mm)、小型4号(39×70mm)などの小さい物がありますが、いずれも一般的ではありません。
3号サイズは「女性名刺」と呼称されることもあります。
なお、欧米での標準サイズは2インチ×3.5インチ(51mm×89mm)です。
このタイプは4号よりも少し小さく、細長い形状です。

オリジナル名刺の制作時に気をつけるべき名刺サイズ

ビジネスの世界では常識として自分の名刺を持ち歩き、初めて出会う相手とは交換をして互いに自己紹介をするということを知っておかねばなりません。
オリジナルのものを準備して自己アピールにするというのは効果的な方法であり、他の人にはないデザインのものを渡すことによって記憶の片隅にとどめてもらえるようになります。
その場での会話のトピックにもできることから初対面の人を相手に話したい内容につながるようなデザインを施すのも効果的なアプローチです。
ただし、自作をする際に気をつけなければいけないのはそのサイズです。
日本で使われている名刺はきっちりとサイズが決まっているため、印刷までを自分で行う場合にはサイズだけは他と同じくする必要があります。
ホルダー等で管理している人には微妙な寸法の違いでホルダーに入らなくなってしまい、管理に苦労させることになってしまいかねないからです。
きっちりと裁断を行うか、専用の印刷用紙を利用して名刺制作を行うことが大切です。

pickup


最終更新日:2020/10/21